外壁

OUTERWALL

外壁

定期的にメンテナンスして長く住める家に。

住まいの顔である外壁は、風雨や紫外線などにさらされ、年を重ねるごとに劣化していきます。

お手入れをせずにひび割れなどの傷みを放置しておくと、ひび割れが悪化したり、表面から白い粉が出たり(チョーキング)、ひどくなると、水が浸み込んで内部が腐食してしまうこともあります。

定期的にチェックをして、早めに対策をとることで、安心して長く住めるようにすることが非常に大切です。

STANDARD

お手入れの目安

塗り替えは10年、張り替えは25~30年に一度を目安に!

環境や塗装材の耐久性により時期は変わりますが、 モルタル壁ならば、一般的に10年前後での塗り替えが必要になります。

下地に問題がなければ、10年前後ごとに塗り替えを行うことで、長持ちさせることができます。

サイディングの場合も、もちろん材質によりますが、10年前後ごとに塗り替えます。

定期的なお手入れを前提として、外壁材自体の張り替えは、25~30年が目安になります。

CONTENT

施工の内容

  1. 外壁塗装

    モルタルや窯業系サイディングなど、劣化して塗装が必要な外壁材を塗りなおす方法です。

    塗料には大きく分けて、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素系の4種類があり、それぞれで耐久性が異なります。

  2. 外壁重ね張り

    既存の外壁材を残したまま、上から新しいサイディングを張る工法です。まだ劣化が浅いときに使われます。

    現在は様々なデザインのサイディングがありますので、ガラッとイメージチェンジしたい場合に行われることが多いです。

    また、既存の外壁の上から張るので、工期が短い、廃材が出ない、断熱性や遮音性が高まる、などのメリットもあります。

  3. 外壁張り替え

    重ね張りと同じようにガラッとイメージチェンジしたい場合や外壁の劣化が著しい場合は、張り替えを行います。

    外壁を一度外すため、下地の状態が確認できますので、状態に応じた補強が可能です。重ね張りに比べると、工期は長くなり、費用も高くなります。